赤ちゃんのぐずりで周りの視線が気になる方へ

赤ちゃんは母親の変化に敏感

日頃、育児で疲れたりイライラしたりすることは多いと思います。

そんな状態のときに、外出先で赤ちゃんがぐずりはじめるとあたふたしてしまうとおもいます。
そして、それに自分が母親としてうまく対応できなくて自己嫌悪に陥るときもあるかもしれません。

あせってくると、周りの視線が気になって、「なぜ泣くの?」とか、
ちょっとでもイライラした言葉や態度をみせてしまうことがあるかもしれません。
しかし、決してそんなことはしてはいけません。
赤ちゃんは親のちょっとした変化にとっても敏感なんです。

外出をしていると、余裕な対応をしているママさんたちを見かけるかと思いますが、
そんなママさんたちも、家では同じなんです。
だから、うまく対応できなくてもあせる必要は全然ないんです。

赤ちゃんがぐずる原因は、お腹がすいた、眠い、おしっこやうんち、暑い、寒いといった人間なら誰しも感じることも多いです。

また、ベビーカーや抱っこで移動していた後に、買い物や食事など、
その場に立ち止まることになった場合に、赤ちゃんにとっては、
景色や、ほどよい風を感じていたのに、それがなくなってしまってぐずっているということもあります。

理由がわかれば、それに対応してみましょう。

それでもぐずっている場合は、ベビーカーを動かしたり、抱っこしたまま近くを歩いてみたりするだけでも、ぐずりが止まることもあるかもしれません。